「なりきりバンド」の「アーティスト愛」は海より深い…。

6月22日(土)開催のライブまであと1週間という時期になり、今から妙に緊張感が高まりつつあるGROOVY STATION運営スタッフNONです。GROOVY STATIONの初回ライブが開催されて早1年。なんとか1年続けられたのも、参加していただいたバンドや足を運んでくださったお客様のおかげ。感謝の思いしかありません。そして今回で4回目のライブ、この緊張感は全く変わりませんね。お客様や参加バンドの皆さんが楽しんでもらえるかどうか、そのことばかり考えてしまう今日この頃です。


そんな中、今回のライブのトップバッターを務めてくださるBilly Kibe & BIG SHOTの皆さんにお会いしてきました。「Billy Kibe」と名乗るだけあって、メインボーカルの木部さん、「に、似てる…」。華麗に鍵盤を操りながらパワフルに歌う様は、まさにBilly Joelが憑依したかのよう。そして、そのBillyを支えるBIG SHOTのメンバーの演奏、コーラスが、パフォーマンスに更に厚みをプラス、かつて同じくBilly Joelに親しんだ世代でもある自分は、しばし写真を撮るのも忘れてしまう瞬間が何度もありました。


このバンドは、もともとはBilly Kibeさんが、以前から「ひとりBilly Joel」をやっていたところに、ドラムが加わり2人体制での活動をスタート。そしてたまたまライブを観たお客さんで、同じくBilly Joelファンだったコーラス、ギター、ベースのメンバーが加わり、現在の固定メンバーに。結成してまだ1年半という期間ですが、一人のアーティストに対する全員の思いが結集した演奏は、そんなキャリア云々なんて関係ないのだなと改めて思わせてくれました。


「なりきりバンド大集合」のテーマにした今回のライブ、それぞれのバンドがそれぞれのアーティストに対する「愛」をこれでもかと観る側に投げかけてきます。そんな彼らの熱い思いを是非キャッチしに来てください!