GROOVYアーティスト追っかけレポート 2019年2月

GROOVY STATION運営スタッフNONです。少し前のことになりますが、2月17日(日)に代々木公園音楽堂で開催された「代々木公園ビートルズフェス ~ANTHOLOGY~」を観てきたことを書きます。このイベントは、多くのビートルズファンに親しまれている下北沢のライブハウスが主催したもので、この日は8バンドが出演。その中に、GROOVY STATIONの第1回目のライブ「BACK IN THE DAY Vol.1 ~The Beatles~」にご出演いただいたStrawberry Twinsさんも参加されるとのことで、応援も兼ねてお邪魔してきました。



Strawberry Twinsさんは、クルさん&ユミさんの女性2人で結成した異色のビートルズバンド。毎回ギターとベース、更に鍵盤をサポートで加えての構成で活動されています。昨年4月15日にライブハウスデビュー、GROOVY STATIONのライブは、結成以来わずか4回目での出演だったそう。お2人のチャーミングな人柄や、しなやかであり且つパワフルな歌、演奏に魅了された人々が続出し、なんとこの1年で約30ものライブをこなす(月平均で2~3回!)ほどに。そして今後もその勢いは止まることなく、毎年8月にイギリスのリバプールで開催され、世界中のビートルズマニアが集う「INTERNATIONAL BEATLEWEEK FESTIVAL」に、今年日本代表として参加が決定。目覚ましい進化に驚くと同時に、毎回様々なサポートメンバーが脇を固めるというその「ビートルズバンドの世界」の層の厚さにも、改めて感心するばかりです。


そんな彼女たちに、わずかな時間ですが演奏後にお会いすることができました。

「BEATLEWEEK FESTIVALの選考審査のための動画、GROOVY STATIONのライブの動画を送ったんですよ」とクルさん。微力ながら活動に関われたことを嬉しく感じ、これからのStrawberry Twinsさんの動向からますます目が離せないな、と思った時間でした。