六本木BAUHAUSについて

今回は、GROOVY STATIONのライブイベントで毎回お世話になっていて、3月23日のライブ会場でもある六本木のライブハウス「BAUHAUS(バウハウス)」についてのお話。


BAUHAUSは、1981年の開店以来、「ロックの殿堂」として君臨して今年で39年目、間もなく40周年を迎えようとしている知る人ぞ知る老舗のライブハウス。


昨年10月に移転をし、現在は、六本木交差点から東京タワー方面に進み、取り壊しが決定しているロアビルを右に曲がり左側二つ目のインペリアルビルに位置します。 (このインペリアルビル、「インペリアル」という表示がなく、「FORUM」という文字がやたらと目立つ建物なので、初めての人は大抵迷うらしい)


こちらのライブハウスの目玉は、何といっても「BAUHAUS BAND」と称する専属バンドによるライブ。各界で活躍中のプロミュージシャンが、約200曲以上の幅広い年代に渡る往年のロックの名曲から、お客様のリクエストに応じて生演奏してくれるので、洋楽ファンにはたまらない時間を過ごすことができます。その完成度は海外からの評価も高く、連日、日本に駐在または観光で来日した外国人のお客様で賑わうほど。本場も認めるクオリティは必見、必聴です! かく言う私も、十数年前からハマってます…。

そんな中、先日、3月23日に開催予定のライブイベント「GROOVY STATION PRESENTS ~BACK IN THE DAY Vol.3 Classic American Rock」の打ち合わせに行ってまいりました。

今回3回目(移転して2回目)の利用になりますが、代表の各務さん(Toruさん)、店長の斎藤さん(Daisukeさん)には毎回細かいことも親切に対応していただき、これまでのGROOVYイベントが盛況に終われたのもBAUHAUSさんあってこそ、と言っても過言ではありません。ちなみにこのお二人もバンドのドラマー。ステージに上がるとそれまでの柔和な姿が一変、激し

く熱いドラムパフォーマンスが繰り広げられ、この“ギャップ萌え”も一つの魅力です。


ここで、この店の数あるリクエスト対応曲でおススメ(あくまでも超個人的なおススメ)は、今話題のQueenの「ボヘミアン・ラプソディー」。これ、普通に再現できるバンドは、こだわりのトリビュートバンド等は別として、他にはなかなか存在しない。ちょっとした趣向も凝らしているので一見の価値ありです。但し、曲数に限りがあり、リクエスト曲が全て演奏されるとは限らないので、自分のリクエストが通った時の喜びはひとしお。そんなドキドキ感も是非味わってみてはいかが? (スタッフNON)


BAUHAUS

https://rockbarbauhaus.com/